静岡からスポーツ障害をなくす|アスリートの繰り返す怪我・スポーツ障害克服をサポートする専門カイロプラクティック治療院

肉離れ・捻挫を何度もくり返し、PBが更新できないアスリートへ2

前回の投稿では、固有感覚のことをお伝えしました。

 

固有感覚をまとめてみます。

1,位置覚(カラダの各部の位置)

2,運動覚(運動の状態)

3,抵抗覚(カラダに加わる抵抗)

4,重量覚(重量を感知)

5,深部覚

 

関節、筋肉、腱の動きなどから、カラダの各部分の位置、運動の状態、カラダに加わる抵抗、重量を感知する感覚です。

 

例えば、自転車に乗ることを考えてみましょう。

 

 

自転車に乗るというのは、

 

1,位置覚(バランスをとる)

2,運動覚(ブレーキをかける・こぐ・ギアをかえる)

3,抵抗覚(ペダルをこぐ・ブレーキをにぎる)

4,重量覚(ペダルの重さを感じる・自転車を支える)

 

の深く関与します。

 

アスリートだと、走る・打つ・投げるなどに関与します。

 


  1. 位置覚(身体各部の位置)

    位置覚は体幹・四肢の関節の屈伸状態(曲げ伸ばし)を感じ取り,その位置と動きを察知する感覚のことです。

     

    位置覚は平衡感覚,視覚などとも関係しますが,主に関節に存在する圧覚で,体幹に近いほど敏感にカラダの動きをモニターします。

     

    もうひとつ大切なのは空間認知の機能とも関係、サーフィンやスキー・スノーボードなどのスポーツに大切

     

    運動覚と合わ せて回転,昇降,傾きを感じ取ります。

     

    なので位置覚が悪くなると,アスリートは、いい成績がのこせなくなります。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です