静岡からスポーツ障害をなくす|アスリートの繰り返す怪我・スポーツ障害克服をサポートする専門カイロプラクティック治療院

高校球児の肩の痛み|関節唇の損傷後3ヶ月経過しても治らないケース

  • 高校球児の肩の痛み|関節唇の損傷後3ヶ月経過しても治らないケース

夏の甲子園大会の静岡県代表は

藤枝明誠高等学校

[[「最強のヘボ軍団」が初V]]

藤枝明誠高校は、飯塚翔太選手の出身校なため、先生にも知り合いがいて、生徒達もけんこうカイロプラクティックセンターに通院してくれていて、私もとっても嬉しい

優勝おめでとうございます

 

さて夏の甲子園静岡県大会を終えて、新チームが発足

エースの先輩からの紹介で、先日、高校球児が肩の痛みを訴えて来院されました。

もう3ヶ月も肩の痛みで悩んでいるとのこと

整形外科クリニックのMRI検査を受け、関節唇(かんせつしん)の損傷と診断を受けているそうです。

 

 

アスリートさん
関節唇(かんせつしん)ってどこの部位ですか?

 

院長 岩崎久弥
関節唇とはですね、この部位です。

 

 

院長 岩崎久弥
関節唇は、上腕二頭筋腱とつながっている大切な部位

 

アスリートさん
上腕二頭筋はどこの部位

 

院長 岩崎久弥
上腕二頭筋は、肘を曲げて力こぶを作った時の筋肉です。