静岡からスポーツ障害をなくす|アスリートの繰り返す怪我・スポーツ障害克服をサポートする専門カイロプラクティック治療院

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手の男子100m準決勝を振り返る

平成29年8月6日(日)の世界陸上ロンドン2017

 

男子100m準決勝

 

期待していたサニブラウン・アブデル・ハキーム選手の準決勝

 

スタート直後、つまずきましたね

 

残念

 

決勝での活躍見たかったのに・・・・

 

コメントでは、

 

「足があがりきらなくて、ポジションをキープできなくて、転びそうになって失速した。100パーセントで走れなかった、悔しい終わり方になってしまった。普通にブロックから、いい体勢で出たんですが、足があがりきらないで、2、3歩目(地面に)ついたときに、つぶれてしまった。少し動作がよくなくなった。そこが原因なのかな。しっかりと気持ち切り替えて(200、リレー)にいけたら」

 

昨季、左足の肉離れでシーズンを棒にふったサニブラウン

 

怪我は癒えているけど、もしかしたら脳のコントロール系統がまだ回復途上段階だったのか

 

ただ緊張しただけなのか?

 

予選のヨハン・ブレーク選手も怪我明けのレースでもたついていた。

 

トップアスリートは、ホント平均台の上でレースをしているようなものだなって思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください