静岡スポーツ障害研究所

有痛性外脛骨は痛みの原因じゃない

有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)の中学1年生 スポーツは野球

前回、走り込みが足りないから痛みがでるという間違った考えを持つコーチに教わっているということを書いた。

そのブログ、アクセス数が29,000なる

 

 


 

私のブログの中では、良い意味で炎上している

有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)で悩んでいる人が多いのか?

 

 

それとも

 

 

もしかして

 

 

 

身体の痛みをスポーツへの取り組みが足りないという考えのコーチの元でスポーツをしている子供達が多いのか?

 

わからない

 

 

そのコーチの論法はこうだろう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

走り込み不足

↓↓↓↓↓

筋力が弱い

↓↓↓↓↓

筋肉が足を支えられない

↓↓↓↓↓

だから痛みがでる

↓↓↓↓↓

練習をやらないのは気持ちが弱い

↓↓↓↓↓

ポジションを与えない

 

そんなアホな論理あるのか?

 

 

T君、痛みが軽減してきています。

 

外脛骨が形成されていても痛みがない時があるんです。

 

痛みが形が悪いからでるのではありません。

 

けんこうカイロプラクティックセンター

岩崎久弥(いわざきひさや)

平成31年2月8日(金) 今今

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください