静岡からスポーツ障害をなくす|アスリートの繰り返す怪我・スポーツ障害克服をサポートする専門カイロプラクティック治療院

Elementor #411

小学生・中学生の有痛性外脛骨・足の痛み

 

私が商学6年生の時、膝が痛くなった記憶があります。

その当時、毎日にようにソフトボールに励んでいました。ポジションはキャッチャー

 

座ったり立ったりを繰り返すポジションで膝への負担も強かったでしょう。

整形外科に行き、「オスグッド・シュラッター病」「成長痛」と診断

湿布などをした記憶がないので、もしかしたら鎮痛薬か軟膏をもらったのかもしれません。

その後、中学に入学 柔道部に入部

柔道部では、毎日毎日走っていましたが、膝の痛みの記憶がない

膝の痛みと言うよりも、受け身による全身の痛みが強かったから、膝のことを忘れている?

 

けんこうカイロプラクティックセンターには、有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)と診断を受けてずっと治療をうけているけど痛みがかわらないという小学生・中学生が多い。

サッカー

野球

剣道

ソフトボール

をやっている子供達

特に中学生は、有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)で悩む方が多いです。

なぜ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください